So-net無料ブログ作成
検索選択

初めての沖縄旅行…その2 [日記]

すでに旅行に行ってから半年が過ぎ、記憶も薄れかけている今日この頃。

しかしその1の続編を
書くことにしました[黒ハート]

…ずっと書きたかったのですが、夫が…(と人のせいにする私)[ふらふら]



沖縄の友人に会うべく飛行機へ乗り込んだ私達。

初めての沖縄に張り切っていましたが、連絡を取れる唯一の手段であった携帯を忘れた私は焦っていました[あせあせ(飛び散る汗)]

夫の携帯を借り、記憶をたどってアドレスを推測して送りつづけるも、全て届かず(涙)。
沖縄へ着いた私たちは当初の予定を変更して、彼女の住む団地を探しました。

しかし、悪いことは重なるもので着いたばかりの沖縄には台風が直撃します。
当然彼女の住所は覚えておらず、それでも部屋番号だけは覚えていたので、10棟ほどある団地をひとつひとつ見て回りました。
そして、容赦なく襲う激しい雨と風…[雨]
傘をさしても全身ずぶ濡れです。お土産まで雨でびっしょりです。
なのに、ないんです。彼女の家がないんです。

仕方なく104に電話をかけ、この団地の部屋に○○さんという家は無いかと尋ねると(こんなありえない質問をしてしまうくらい切羽詰っていた私…)あえなく「登録はありません」と冷たい返事が。


「もう、どうしたらいいの!?」と半泣きになる私。

関東に住む私達には想像もつかないくらい、沖縄の台風って凄いんですね。
まるで天気が私の落ち込みに追い討ちをかけるようでした。

悪天候に加え、彼女とも会えずとても観光どころではありません。
子供も疲れたというので、どうすることも出来ない私達は諦めてホテルに行くことにしました。
夜も、彼女に申し訳ない気持ちでいっぱいであまり眠れずに過ごしました[たらーっ(汗)]


そして、その翌日。
この日は「美ら海水族館」へ行くことになっていました。
天気も徐々に回復していたので、とりあえず車で向かいながら、再び104へ。
昨日は休日でしたが、今日は平日。
彼女の会社の電話番号を調べ、連絡する作戦です。
もし出勤していたら、水族館の帰りに寄ろうかと思いながら…。
電話番号はすぐ分かり、連絡してみました。

電話に出た方に聞くと、「今日は休んでいます」とのこと[がく~(落胆した顔)]
もしかして、昨日私と会えなかったから[exclamation&question](←いや、それはないだろう…)
事情を説明し、どうにかして連絡をとりたい旨を伝えると、携帯のメールアドレスを知っているので連絡してくれるとのこと。
夫の携帯番号を伝え、連絡を待ちました。

その間、娘と一緒にヒトデに触りながらも心ここにあらずの私…。
マンタを見るのを楽しみにここまでやって来たのに、A型の小心者の私は心配で心配でたまりませんでした。

と、その時です。着信が[exclamation×2]
やっと彼女と話が出来ました!
やはり私の携帯に連絡をしていてくれたらしく、返事がないのでおかしいと思って飛行機の到着状況まで調べてくれていたそうです(涙)。
ただ、お子さんの体調が悪かったそうで病院に行けるぎりぎりの時間まで、
私と連絡がとれればとずっと待っていてくれたとか…。

今日はお子さんを連れてかかりつけの病院に行ったそうで、それで会社を休んだとのことでした。
ひたすら謝る私に、「あなたのような律儀な人が、連絡をくれないことはないだろうから、きっと携帯忘れたんだろうね~とダンナと話してたんだよ~。元気そうでよかったよ~」と笑って許してくれました。

とてもおおらかな彼女の心の広さに感謝[わーい(嬉しい顔)]
病気のお子さんの所に押しかけることも出来ず、5年ぶりの再会は、まだまだおあずけとなりました…(汗)



会えなかったけれど、とりあえず彼女と話せたことで少し肩の荷が下りました。
沖縄滞在も半分を過ぎたところで、やっと観光も楽しめるように…[ハートたち(複数ハート)]


そして、初めて見るマンタ!ギネスに載るほどの大きな水槽は壮大です。が、平日にもかかわらず物凄い人、人、人…

こんな魚もいました。
  
  DSCF3209.jpg

気持ちよさそうに泳いでいます。


  DSCF3223.jpg

ずっと台風だったのに、彼女と話してから水族館を出ると、やっと天気が良くなってきました。


これがあの夢にまで見た、万座ビーチホテルです[晴れ]

  DSCF3230.jpg

帰る前日の夕方、やっと海水浴を楽しめた私達家族。
こんなに陽射しが弱いなら、私も水着持ってくればよかったな。
夫と長女が水着を着て、海に入りました。

砂浜で遊ぶ次女。

  DSCF3231.jpg

しばらく遊んでいましたが、この後自分も海に興味を持ち服を着たまま海へ突進します(笑)。   


何だか慌しいままで初めての沖縄旅行は幕を閉じました。
日本とは思えないくらいの綺麗な海(殆どが台風で、帰りの飛行機から見た海が一番綺麗だった)を、また味わいたいと思うのです。

「今度はもうちょっとのんびり過ごしたいな」

「もう来なくていいよ~」と夫。

でも、ドライバーがいないと困るんだよね(笑)

帰りにモノレールに乗った時の、那覇市内の景色。

  
  DSCF3260.jpg


いつになるか分からないけれど、また行きたいな…と思いつつ、帰路につきました。

帰りの午前中ぐっすりだった次女は飛行機と空港からのバスで大ぐずり…それをなだめる私達はぐったり…[もうやだ~(悲しい顔)]
やはり子連れの旅行はハードルが高いものでした。


nice!(2)  コメント(4) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 2

コメント 4

みほ

お友達と 無事連絡がとれて 良かったですね 
いまや携帯に支配されてる?!ようなものなので
携帯がないと いざ連絡を取るときに 至難の技ですもん 
(私も 忘れたことあって 大変だったことあり)
その後は 心おきなく楽しめたようで 良かった♪ 
お疲れは とれましたか?
by みほ (2008-03-15 00:18) 

みえまる

RSSに登録してあるのですが、更新されていることになぜか
しばらく気づかず・・・ コメント遅れました m__m
そうそう、沖縄旅行~ 懐かしいです(笑)
お友達の会社がわかって本当に良かったですね~っ!
それにしてもせっかくの旅行が台風だったなんて(笑)
でも台風の中ケガもなく、美ら海水族館にも行けて、お友達にも
会えたのですから結果オーライですよ^^ 
また晴れた沖縄には行けます、きっといつか。晴れてるとそれはそれで
大変ですけど (私、暑くて死ぬかと思いました)
年に1,2回のことですが、私も実家に帰る飛行機で娘がぐずると
もうヘロヘロに疲れます・・・ 恐そうな爺さんにじろっと睨まれたりしたことも。
でもきっとそれもあと数年の辛抱ですよね・・・ 頑張りましょ☆

by みえまる (2008-03-16 09:02) 

いりな

みほさん

nice!&コメントありがとうございます。
便利だからといって、頼っているとこういうときに困ってしまうんですね。
あれ以来、携帯を忘れることはなくなりました。

もうちょっと楽しめる時間が取れたらよかったのにと、今度こそは
携帯をしっかりもっていくようにします。

疲れ…なかなかとれません(涙)。
by いりな (2008-03-17 22:03) 

いりな

みえまるさん

nice!&コメントありがとうございます。
台風はあまりにも凄くて、高速では一度視界が遮られてしまい
いつ事故が起こってもおかしくない状態でした。

そうそう、晴れている沖縄は暑いです!
最終日、首里城に登りましたが暑いこと暑いこと…。
でも写真が一番綺麗に写っているのですよね。

飛行機でぐずられると本当にたまりませんね。
周囲に申し訳ないという思いと、子供がうるさくてイライラする思いが交錯します。
by いりな (2008-03-17 22:07) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。